更新日:2017/06/23 

   件数:16,223件    

 TOP 

 

フォーマット

 EXCEL形式  CSV形式 
 TSV形式  JSON形式  Refworks形式 
 Refer/BibIX形式  BibTeX形式 

文字コード

 Windows(SJIS) 
 Unicode(UTF-8) 
 Unicode(UTF-16) 

項目を選択する

  表示: 表示順:
 
10件ヒットしました ( 1 - 10 )
検索条件   雑誌名("人権問題研究") and ("012-013")
[ チェックしたデータのみ ]
No.論文名|論文名(別言語)|著者名|著者名(別言語)|報告番号|学位授与年月日|雑誌名|雑誌名(別言語)|巻|号|刊行年月|資料種別
1
「排除の差別」を生みだす「障害の個人モデル」との闘い : 「健全者文明を否定する」という「全国青い芝」の主張について|A struggle against the individual Model of Disability : on the declaration of the National League "Aoi-shiba-no-kai" in Japan|要田, 洋江|Yoda, Hiroe|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
2
部落問題とその解決に対する市民意識の現状 : 自己責任論の台頭と、公的な問題解決に対する信頼の低下をめぐって|Citizen's Current Vision of the Way to Solve Buraku Problems : Reliance on personal effort and distrust of administrativeresponsibility|阿久澤, 麻理子|Akuzawa, Mariko|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
3
日本の植民地責任と国民主体の形成|Japan's Colonical Responsibility and National Subject Formation|戴, エイカ|Tai, Eika|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
4
ブラジル日系コロニアと部落問題 : 部落問題は、どのように語られてきたのか?|Buraku-Mondai and Japanese Colonies Brazil|野口, 道彦|Noguchi, Michihiko|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
5
近代大阪における都市部落の創出|Creation of the Buraku Community in Modern Osaka|吉村, 智博|Yoshimura, Tomohiro|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
6
在日朝鮮人のアイデンティティ、経路と模索 : 鄭大均と鄭香均|Identity and Identification of Koreans in Japan, a Process and Grope : Tei Taikin and Chung Hyangkyun|鄭, 栄鎮|Chung, Youngjin|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
7
語ることと主体 : 姜尚中の『在日』のナラティブ分析 主体、自己、言語、アイデンティティ言説|Narrative and Subject : Discursive Analysis of Kang Sang-jung's Narrative on Zainichi|朴, 育美|Park, Ikumi|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
8
語りのポリフォニー : 「在日外国人生徒交流会」という活動の意味|Polyphonic Voices : The Meaning of Activities at "Resident International Student Exchange"|森川, 与志夫|Morikawa, Yoshio|||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
9
現地研修の記録「祝島」を訪れて (2013年3月)||菅原, 智恵美||||人権問題研究|The journal of human rights|12-13||2013-03|紀要論文
10