更新日:2021/11/25 

   件数:21,022件    

 TOP 

 

フォーマット

 EXCEL形式  CSV形式 
 TSV形式  JSON形式  Refworks形式 
 Refer/BibIX形式  BibTeX形式 

文字コード

 Windows(SJIS) 
 Unicode(UTF-8) 
 Unicode(UTF-16) 

項目を選択する

  表示: 表示順:
 
8件ヒットしました ( 1 - 8 )
検索条件   著者情報 : 大阪市立大学研究者総覧(https://research-soran17.osaka-cu.ac.jp/html/100000616)
[ チェックしたデータのみ ]
No.論文名|論文名(別言語)|著者名|著者名(別言語)|学位授与番号|学位授与年月日|収録物名|収録物名(別言語)|巻|号|刊行年月|資料種別
1
英語教育における学修成果の評価と認識 : 自律的言語学修者・自律的言語使用者の育成を目指して|Report 3|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||大阪市立大学大学教育|OCU journal of higher education studies|16|2|2019-04|紀要論文
2
機能文法的観点から見た時制の照応||田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||言語情報学研究||15||20190320|紀要論文
3
「落石注意」の語用論 : 我々は何に注意すればよいのか|A pragmatic analysis of "rakuseki chui"|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||人文研究|STUDIES IN THE HUMANITIES|55|7|2004-03|紀要論文
4
Since構文の主節における単純時制の意味論的分析|A semantic anaysis of the simple tense in the main clause of Since-construction Studies in the humanities|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||人文研究|STUDIES IN THE HUMANITIES|54|7|2002-03|紀要論文
5
時制の照応現象、再考|Sequences of tensesreconsidered|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||人文研究|STUDIES IN THE HUMANITIES|53|7|2001-12|紀要論文
6
協調の原理と叙述トリック|Cooperative principle and the detective story|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||人文研究|STUDIES IN THE HUMANITIES|52|11|2001-12|紀要論文
7
条件節における単純未来のwill再考|Pure future "will" in conditional clausesreconsidered|田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|||人文研究|STUDIES IN THE HUMANITIES|51|8|1999-12|紀要論文
8
英語における時の解釈理論 : 文と談話の観点から||田中, 一彦|Tanaka, Kazuhiko|乙第2611号|2010-09-30||||||学位論文(要旨)